東芝情報機器株式会社
お問い合わせ
会社情報 法人会員様 サイトマップ
ホーム ハードウェア 周辺機器・ソフトウェア ソリューション サポート 導入事例

Windows® データ移行サービス〜Windows®7やWindows 8へのリプレースで発生する面倒な作業はお任せ下さい〜

ご使用中のPC(旧PC)に保存しているデータや利用中のネットワーク資源の設定などを、ご購入いただくWindows®7/Windows8PC上でも同等にご利用いただけるよう環境移行のご支援をお客様先へ訪問して行うサービスです。(ビックアップサポートも可能です)

主な特長

特長1 独自ツールで自動化するので早い!
Microsoft標準ツール&東芝情報機器独自ツールによる自動化で作業効率UPと品質向上を実現します。移行作業時間はMicrosoft標準ツールのみと比較し1台あたり最大84分削減できますのでボリュームの多い移行作業も短期間に完了することができます。
※データ転送時間はハードウェアスペックにより異なります。
特長2 PCメーカーとしての豊富なノウハウ
PCメーカーとして長年にわたる経験ノウハウは他社の追随を許しません。技術力、対応力とともに当社はお客様へ安心をご提供いたします。
特長3 訪問サービスでさらにTCO削減
訪問サービス(オンサイトサポート)であれば、お預かりするサービス(ピックアップサポート)に比べ短期間で完了しますので、さらに移行期間を短縮でき、トータルコストの削減になります。

データ移行サービスイメージ

データ移行ツールの比較

■サーバー利用の場合

サーバに一旦、データを保存した上での移行となるため、クロスケーブルを使用した移行と比較して移行時間が約2倍となります。複数台、同時に移行した場合、ネットワークに負荷がかかり、通常業務に支障をきたす恐れがあります。本サービスは、移行先PCと1対1で行うためネットワークへの負荷や作業時間の心配が解消されます。

■USBハードディスク利用の場合

USB-HDDに一旦、データを保存した上での移行となるため、クロスケーブルを使用した移行と比較して移行時間が約2倍となります。また複数台、同時に移行する場合、USB-HDDも複数台用意する必要がありますが、本サービスを利用した場合、LANクロスケーブルを利用しますのでリーズナブルな価格でご提供が可能です。

●Microsoft、Windows、Excel、PowerPoint、Access、Internet Explorerは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。●Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。●本ページに掲載の商品の名称は、それぞれ各社が商標として使用しているものがあります。●本ページの内容はお断りなしに変更することがあります。

個人情報保護方針 免責事項 東芝グループは、持続可能な地球の未来に貢献します。
Copyright(c) TOSHIBA INFORMATION EQUIPMENTS Co.,Ltd,All Rights Reserved.