東芝情報機器株式会社
お問い合わせ
会社情報 法人会員様 サイトマップ
ホーム ハードウェア 周辺機器・ソフトウェア ソリューション サポート 導入事例
ホーム > ソリューション別に探す > Windows Server 2008 R2移行サービス
トップページ
Windows Server 2008 R2移行サービス

PCサーバのハードウェア保守の期限が切れてしまったがアプリケーションは使い続けたい
過去数年間の投資抑制によりIT機器の更新が進んでいない。その結果、保守期限が切れたサーバを使い続けている。また、アプリケーションは今のまま使いたいが新しい ハードウェアを購入するとOSが違うので今のアプリケーションを改修しなければ動かない。このような課題を、既存環境をそのまま移行する段階的なマイグレーション手法で課題を解決します
PCサーバ/OSとアプリケーションを同時に調達するには大きな投資が必要
従来のマイグレーションでは、PCサーバ/OSとアプリケーションを同時に調達しなければならなかったため高コストを要していました。本サービスは、既存環境を仮想環境へ変換することでアプリケーションの切替がPCサーバ/OSのプラットフォームの切替と分離実施できるためコストが平準化できます。
Windows Server 2008 R2移行サービス

P2V環境アセスメントサービスで、まずは既存環境の仮想化への変換の検証をする
本サービスを第一ステップとして既存環境を仮想環境へ変換可能か確認します。
Windows Server 2008 R2移行サービス

Hyper-V P2Vスタータサービスで仮想化環境を構築。既存環境はゲストOSとして参加する
Hyper-V上に既存環境が子パーティションとして稼働します。既存のアプリケーション資産が継続して利用できるとともに移行計画に沿って余裕をもったアプリケーションの改修計画が可能になります。
Windows Server 2008 R2移行サービス

お客様の要件定義に対応します
上記の他、お客様の要件定義によりシステム・設計を承ります

参考情報 (外部サイトへのリンク)
マイクロソフト株式会社のWindows Server 2008 R2情報にリンクします。
個人情報保護方針 免責事項 Copyright(c) TOSHIBA INFORMATION EQUIPMENTS Co.,Ltd,All Rights Reserved.